レズ動画NewsLesbian news

【ロリクンニレズ動画】ずっと好きだった幼馴染と10年後の再開…幼い身体から大人になった女性同士の恋愛ww

あいたかった。 おさななじみレズビアン 一之瀬すず/白石ありさ
「私が初めて好きになった人は女の人でした。」海の見える土地で生まれたすずとありさ。幼い頃からずっと一緒にいた二人がいつしか抱いてしまった恋心。二人はそれをイケナイ事だとも、イヤラシイ事だとも思わずにお互いを愛し合っていた。しかし、すずの父親の転勤で離れ離れになってしまう二人。時は流れ10年後…二人は再会する事になる。あの日の恋心を抱いたまま…。
雑誌掲載コメント
すっかり大人になった幼なじみが再会したら…幼なじみのすずとありさが10年ぶりの再会。かつて淡い恋心を抱いていた二人は、ごく自然に唇を重ねるのでした。ノスタルジックでセンチメンタルなムードいっぱいのレズ物です。お互いにオトナの女の身体になった二人は、それを確かめるように弄り合います。こういうのをやらせると、本当に一ノ瀬すずちゃんは上手いですね。白石ありさちゃんの方が身体は大きいんですけど、すずちゃんが積極的にリードしていきます。子供の頃に戻ったみたいにじゃれあうような愛撫。射精というクライマックスがないゆえに、いつまでも果てることなく続く愛の行為。道具なんて無粋なものは一切使わないのもいいですね。二人はひたすら抱き合い、キスし、舐め合い、触り合うのです。たまらなくエロティックなのに、どこか甘酸っぱい青春の香りがするんですよね。防波堤のところを二人で歩くラストは、昨年大流行した某朝ドラのヒロイン二人のイメージにも重なったりして。
ユーザーレビュー
Hよりも心に効く、純愛青春レズドラマ。個人的に最近ハマっている、井坂朋泰監督らしい純愛レズ青春ドラマ。H度はかなり低く、ストーリーに酔いしれたい作品。まず主人公の一之瀬すずは、いつも両親が出かけていて家に一人ぼっちで閉じ籠っている少女、という設定に良く合っていると思った。そのすずが親族の葬儀で幼少期を過ごした古びた洋館の自宅に10年振りに戻り、そして幼なじみにしてレズ相手であったありさ再会する、というのが基本ストーリーだが、しかしドラマが進むにつれて、すずにとってのありさがの存在が、それだけではない「何か」である事が次第に明らかになって行き、そして最後は切ない感動に浸れる。3回のレズシーンはストーリーの展開に沿って変化が付けられているのは井坂監督らしい。言葉のやりとりのたどたどしさ、そしてレズプレイの内容も途中まではもどかしい位に稚拙なのも、このストーリーあっての事。そして各レズシーンの間に挟まれるドラマ、特に2回目と3回目の間でのすずとありさが裸で向き合って会話するところが印象的。途中挟まれるカメラワークで、それまで自分の中で謎だったありさの存在の意味が確信に変わり、ジンワリと感動モードに入って来る。そして一気にハードになる最後のレズプレイの後、ラスト数分間での映像美は涙無くして見られなかった。何でAVで泣かなきゃいけないんだ?と自問しながら。本来の目的とは異なる意味で、かなりの秀作だった。

レズ動画xvideosのクンニレズ動画カテゴリに追加された最新記事News

MENU

カテゴリー

再生時間